【もっと早く知りたかった!】ひどい頭痛を終わらせる片頭痛解消ジュースの作り方

「ひどい時は食事もできず、仕事も手につかない。」

「ツボ、サプリ、運動色々やってみたけど効果が出ない。」

以前の私もそうでした。

しかしこの片頭痛解消ジュースを飲むようにしてから世界が変わりました。雨の日に暗い気持ちになることもなく、帰りの電車で頭が割れそうに痛むこともなくなりました。

この片頭痛解消法は毎日の朝食をこれに置き換え、たまに週に一度、または月に一度から二度、「三食とも万能健康ジュースだけの日」をつくるだけでとても簡単です。

このジュースのレシピを紹介します。

なお、このレシピは後藤日出夫氏という研究者が考案したものです。この記事は彼の本から一部引用したものです。

 

片頭痛解消ジュースの作り方

「万能健康ジュース」のレシピ (2人分)

【材料】*印は必須

・水…250ml(ミキサーにかけられる量で)*

・リンゴ1(350g 程度)*

・ニンジン1(80g 程度)*

・バナナ…1*

・パイナップル、キウイフルーツ、イチゴなど好みの果物類

・パセリ、大根葉、ニンジン葉、セロリ、大葉など好みの葉物野菜

・ビタミンC(アスコルビン酸の原末)…1~2g*

・クエン酸(食品添加物)…1~2g*

・オリゴ糖…35g(好みの甘さになる程度)*

aーリノレン酸(市販のエゴマ油か亜麻仁油)小さじ1*

・オリーブ油(エクストラバージンオイル)大さじ1

便秘が改善しない場合や血糖値が気になる場合のみ

・塩化マグネシウム水溶液またはニガリ…1~5ml*

マグネシウム 50~250mg、苦くならない程度

・すりゴマ小さじ1(好みでトッピングとしてもいいです)

【作り方】

①リンゴは皮がついたままで芯だけ取り除く

②その他の材料も入れてミキサーにかける

夏は水の一部に氷を用い、冬は水の代わりにお湯にすると美味しくいただけます。

季節の果物や葉物野菜をお好みで加える、あるいは水を製ジュースや豆乳に変えるなどして「マイジュース」に!

ビタミンC(原末)やクエン酸はドラッグストアなどで求める

ジュースは作り置きせず、その都度作る

ゴマは作るときにすって用いる

また、「万能健康ジュース」は腸内環境を健全にすることも目的のひとつですので、ジューサーではなく、必ずミキサーで作ってください。

なお、「万能健康ジュース」だけの朝食は、成人に対する改善方法です。より多くの栄養素を必要とする成長期のお子さんや妊婦の方はこのかぎりではありません。朝食はしっかりとるようにしてください。

出典:お医者さんにも読ませたい片頭痛の治し方

方法は簡単ですが、レシピには用意しなければならないものも多く、継続は容易ではありません。その点については簡単ではないです。

しかしこれまでの苦しみに比べれば飲むだけのジュースはやはり簡単ですよね。

この本に出会ったきっかけ

私がこの本に出会ったのは仕事のストレスから毎日のようにひどい頭痛を繰り返していた時でした。

自らの運命を呪い、本当に生きてるのがつらくて、どうしようもなく自暴自棄になっていました。

それでも仕事をやめることもできず、ただ時間だけが過ぎていく。また仕事がやってくるなんとかしなくちゃいけない

藁にもすがる思いでインターネットの情報を集め始めました。

実は片頭痛のメカニズムは今の医学ではあまりよくわかっていません。(もちろん三叉神経のことや血管の収縮のことは分かっていますが)

そのためどれほど頭痛の解消法を調べても、民間療法のようなものや体験談で「私は良くなった」というような信憑性のないものしか見つかりませんでした。

インターネットに無いならあとは文献しかないだろうとさっそく目ぼしい本を探しました。そこで今回の本が目についたのです。

著者は長きにわたり人の健康を研究してきた研究者。タイトルには「お医者さんにも読ませたい」とあります。

これまで私は頭痛を治すのは医者だとばかり思っていました。でもどうやら違うらしいのです。どうせならと読んでみるととても驚きました。不思議なことに著者は片頭痛のメカニズムをほとんど解明しているようでした。

明確な根拠の上に理路整然と書かれた文章にただあっけにとられました。どんなに調べても一向に見つからなかった情報が、当たり前のようにそこに書いてあるのです。

「片頭痛の原因は〇〇です。」

「これが影響することが長年の研究で分かってきました。」

何度も読み返しました。これはすごい。これが本当ならすごく簡単にこの病気は治るものなのかもしれないと思いました。

片頭痛の大きな問題は原因がはっきりしないことですが、私は自信をもって言えます。

この本にはあなたの頭痛の原因が間違いなく書いてあります。そして必ず治ると。なぜなら根拠がきちんと書かれているからです。

この本の口コミを見てみると、

「ここに書かれた情報によって頭痛が治った」

「治る自信が持てた」

との声が多くありました。

そのためこの本を初めて読んだ時から、必ず広めなければいけないと心に誓いました。私には頭痛に悩む多くの知人がいます。インターネットにこの本の内容を転載するのは簡単ですが、著者への感謝と法を鑑み、一部を引用することで記事にしました。

私は頭痛を憎んでいます。

「この痛みさえなかったら」と何度思ったことか。同じように頭痛に苦しむ人のために少しでも多くの人がこの本を手に取り、片頭痛を克服することを祈っています。