嫁姑(よめしゅうとめ)問題とは?3つの意外な本質と対策

「姑が私にだけ冷たい…」
「姑が突然家に押しかけてくる」
「何をしてもお義母さんが喜んでくれない」
そんな身近でとても根深い嫁姑(よめしゅうとめ)問題ですが、実は共通した問題点があります。
この記事では、嫁姑問題の意外な本質と対策を紹介します。

嫁姑(よめしゅうとめ)問題とは?

嫁姑問題
結婚した女性(嫁)とパートナーである男性(夫)の母親との確執やイザコザの問題をいいます。
結婚するとパートナーだけでなく、その両親や親族とも関わりを保つ必要があります。
結婚前はうまく行っていて問題ないと思って結婚したのに、結婚後、嫁姑問題が勃発することがあります。
イザコザの中身は家庭により、義母による夫への過剰な愛やお節介、嫁へのいじめのようなものまでさまざまです。
しかし、本質的にはこれから紹介する3つに集約されます。

嫁姑問題の本質とは

結婚を機に多くの嫁を悩ませる嫁姑問題ですが、本質的には共通した問題があります。
この中に当てはまるものがなければ、嫁姑問題はクリアしたと思って大丈夫です。

チェックしておいて損はないでしょう。

 

  • 親夫婦の仲
  • 姑の子離れ
  • 夫の大黒柱感

 

一つずつ見ていきましょう。

 

親夫婦の仲

親夫婦の仲が悪い、もしくは義父が離婚や死別のためいない場合、嫁姑問題に発展することがあります。
嫁姑問題は姑の”憂さ晴らし”の面も一部あります。
その点で親夫婦の親密度は大きく関係します。
裏を返せば、親夫婦の仲が良く、義実家の雰囲気が良い家庭は嫁姑問題が起こることは少ないでしょう。

姑の子離れ

姑から見た夫は未だに”かわいい息子”です。
そのため姑の寵愛が行き過ぎると嫁の存在が邪魔に感じられてしまいます。
つい最近まで自分の所有物のようだったかわいい息子が、見ず知らずの嫁に取られるとあっては癇に障るのも無理はありません。
姑の息子への口調や発言は特に注意しておきましょう。

夫の大黒柱感

大黒柱
嫁姑問題が起こる背景には「優しくて少し頼りない夫」がいます。
「俺が決めたから…」
「週末はキャンプをしよう」
こういうことを言う夫の実家には嫁姑問題は存在しません。
何よりも”夫から言う姑への強い発言”は効果があります。
残念ながらそれが無いと嫁姑問題は解決が難しいでしょう。

嫁姑問題の対策

嫁姑問題は”姑が起点“であることを覚えておいてください。
イザコザといっても嫁側から何か仕掛けることはなく、常に姑側から始まっています。
ただしすべて姑に責任があるのかというとそれは違います。
「息子がかまってくれなくなった」
「夫婦仲が良くなくなった」
「さみしい気持ちを表現できない」
そんなどこにでもある一般的な悩みをうまく表現できない姑の思いが嫁姑問題を引き起こしています。
姑の行動は変えられませんが、嫁側からできる対策を紹介します。

できるだけ夫を姑に関わらせる

男性は成長とともに母親との距離ができてしまうものです。
これは本来実家暮らしの息子ですらそういうものですが、結婚を機に家を出ると姑からは余計にそう感じられます。
そのため夫には次のようにお願いしておきましょう。

 

  • 定期的に姑に子どもを見せに帰ってほしい
  • たまには姑に電話してほしい
  • 姑と旅行に行ったり贈り物をしてほしい

 

そういう行動で、嫁の気立の良さを実感し、少しずつ姑も気持ちの整理がついていきます。

意味なく姑を刺激しない

イラつく嫁
息子がかまってくれなくて寂しいなどと言うのは、子離れできていない姑の問題です。
しかし、そんな姑の「嫁を見る目」をいち早く察知して、例えば姑の前では夫婦の距離を保つ、というように姑を意味なく刺激しないように努めることも重要です。
良い嫁になる必要はなく、姑から見て悪い嫁にならないようにしましょう。

夫を味方につけておく

嫁姑問題には”夫の大黒柱感”が必要でした。
つまりは「実の母に対してきちんとものが言える関係」ということです。
これは言い方を替えると、
a.正しいことを正しいと言える夫
b.いつでも妻の味方をしてくれる夫
のどちらかに置き換えられます。
aは妻側からコントロールするのは難しく、変えづらい問題です。
それに対してbは、普段の夫婦間の関係が重要になります。
「愛され妻」や「愛妻家」、「尻に敷かれる夫」など言い方はさまざまですが、結局は「心から妻を愛している夫」という関係に違いはありません。
夫に心から愛されていれば、夫はいつでも妻の味方をしてくれるのです。

 

  • 夫が大事にしていること
  • 夫が何より優先させたいこと

 

これらを妻も普段から尊重していれば、心から愛されることはできるでしょう。

夫婦関係といえど、結局は人間関係ですよね。
お互いが気持ちいい形で過ごすことで、少しずつ形成されていくことでしょう。
夫に愛されている妻は嫁姑問題とは無縁です。

まとめ

嫁姑問題の本質は、これら3つでした。

 

  • 親夫婦の仲
  • 姑の子離れ
  • 夫の大黒柱感

 

その上で嫁側にできる対策は以下です。

 

  • できるだけ夫を姑に関わらせる
  • 意味なく姑を刺激しない
  • 夫を味方につけておく

 

嫁姑問題の予防、解決には夫や舅の協力も不可欠です。

親戚関係をうまく保ちながら、幸せな結婚生活を送りましょう。
最新情報をチェックしよう!