副業での収益を計算してみた!すぐに真似できる副業術!

私は会社員として仕事をするのはあまり好きじゃないんですけど、お金を稼ぐことについては昔から人一倍興味がありました。
学生の頃には就職せず、起業しようと考えていたくらいです。(もちろん挫折しました)
24歳の頃にメルカリで物販を覚え、
26歳で株式投資、27歳でブログを始めました。
色んなものに手を出し、失敗したり多額を投資したり…。結局どれくらい収益が出たのかを計算してみました。
それではさっそく発表します!

収益報告

物販売上合計
246,581円 2020/2/15現在
株式投資配当総額
620円
ブログ収益
1月   3195PV  501円(前月比265.7%)
12月 3708PV 137円(前月比-20.3%)
11月  2720PV 172円(前月比10.9%)
10月 3652PV 155円(前月比-62.8%)
9月   2081PV  417円(前月比1644.4%)
8月   1179PV   27円 (前月比-82.3%)
7月   798PV    153円(前月比0)
6月   443PV    0円 (前月比0)
5月   466PV    13円
    合計 1575円

すぐに真似できる考察

物販

中国の「Ali express」などで安く大量に購入しメルカリで出品する、ということをしていた時もありました。

でも辞めました。需要分析が難しかったんです。これがなかなかくせ者で、「売れてる、売れそう」な物を仕入れてもすでにブームが去っていたり、売れるけどほとんど粗利が出なかったり。
結局一番よかったのはすでに持っている物を売る、ということでした。
メルカリなどのフリマサイトの良い所は自分の売りたい度合いによって値段を変更できることです。オークションだと一度決めたら動かせないし、これってけっこう画期的だと思います。
「不要な物、使わない物」は安く売り、人気のあるものは強気で待つ、みたいなビジネス感覚を鍛えることにも使えそうです。
おかげで約25万円も売り上げることができ、部屋も広くなり、ビジネスのお勉強もできたという訳です。
無料で始められることの中では群を抜いてエクセレントな方法だと自負しています。

株式投資

以前はWealthNaviで運用していましたが、大きな金額を長期に渡って運用しなければ利益が出づらいシステムだったために、スッパリ辞めました。
株の良さは
1.自分の好きな銘柄(会社)を決められる
2.コツコツ資産を増やせる
3.株主優待を得られる
ことです。
銘柄なんて分かんない…となりがちなんですが実はすごく簡単です。
知ってる名前の中で好印象の銘柄を買えばいいのです。なぜかというと株価は変動するからです。
上がりもしますし下がりもします。FXのデイトレーダーではないので基本的に上がったから売る、とか下がったから買う、みたいなことはおすすめしません。
それでも利益は出せるのに、なぜダメなのか。ここに日本人特有の問題があると言われています。(けっこうマユツバっぽい話なんですが僕は信じています)
実は株価は上がっていれば基本的にまだ上がります。なぜか。人気があるからです。買う人がいるから上がるので。
逆も然り。
下がっている時はまだ下がります。
しかし日本人(正確には日本という国で育った人)はマイナス思考や堅実な考えが染み付いています。これって株式投資にはすごく不利なんです。
ここから本題↓↓↓↓
すごく簡単なことなので一緒に想像していただきたいんですが、株価チャートを見た時、右上がりの線を見るとどう思いますか?
おそらくほとんどの人が「いつ下がるか」を想像すると思います。これが問題点です。前述した通り、実際は素直に上がっていくのになぜか私たちは下がると勝手に解釈します。事実をまっすぐ受け止められないので株式投資には向いていません。
上がったらもっと上がるように応援する、くらいのモチベーションの方が合っています。だから好きな銘柄を買うのです。
また、先ほどのように「上がったら売る」みたいなやり方はたしかに小銭稼ぎにはなるかも知れませんが、労力に対して費用対効果がまるで合いません。めちゃめちゃ神経すり減らすのに数百円とか稼いでも、普通にバイトした方がよっぽど生産的です。
一旦まとめると、買う銘柄は
1.知ってる銘柄の中で好印象なもの
2.株価が現在上昇しているもの
です。
さて、買う銘柄が決まったところで次は買い方です。
いや、アンタちょっとしか稼いでへんやん!と言われそうなんですが。まぁ落ち着いてください。
まず株式投資の考え方から説明します。
株で稼ぐためには
1.すぐに利益を望まない
2.人気のある銘柄を信じる
3.モチベーションを維持する
が大切です。
1.すぐに利益を望まない
結局は長い時間かけて少しずつ利益を膨らませていくしかありません。それがローリスクだから。
副業にリスクは不要かなと思っています。本業の資金を食いつぶすようでは副業にならないので。
株価が下がっていても、また上がる時がくるのを期待します。基本的に売ることはありません。購入銘柄はいわば「金のたまごを産むニワトリ」です。
売るというのはニワトリを殺して中のたまごを得る行為。ニワトリが金のたまごを産んでいる時も、たまご自体産んでくれない時も、じっと育てて待つのが1番近道です。
2.人気のある銘柄を信じる
これは再三言っていることですが、人気がある銘柄というのはみんなが買うから人気がある。人気があるからまだ上がる。数年に渡って株価が上がっていたり、配当金が増えているような銘柄を買うのがいいと思います。(少し高いので原資がないといけないんですが…。)
3.モチベーションを維持する
これが意外と難しいと思います。けっこう資金を投入しても「売らない」この方法では基本的に収益になるものはほとんどありません。これではやっていて楽しい訳がない。ではどうするか。
配当金をうまく使います。僕は長い間配当のない銘柄ばかり買っていました。これが収益の出ていない理由です。
でも最近では配当のある銘柄を買うことで、配当を出してくれるギリギリの日付で買う(株には権利確定日というのがあります)など楽しみが増えました。
配当が入ったら配当金に上乗せしてまた配当のある銘柄を追加します。これを繰り返していくと配当金がどんどん増えていきます。当然購入した株の数と配当金は連動するのでこれでかなり配当金収入が見込めます。
長い目で見たとき、これを数年にわたって続けている人は相当資産を得ていると思います。なぜなら「運用するお金」の意識があるからです。
基本的に普段、私たちは持っているお金の中から「使うお金」「ためるお金」に分けます。しかし現状では資産を増やすならこの2つだけでは不十分です。「運用するお金」の意識がないとお金は増えていかないので、これを植え付ける意味でもこの方法は効果があります。

ブログ

ほぼ嗜好品の域です。始めたきっかけは高校生の頃から書いていたWeb日記で、読んでもらうために色んな工夫をしました。結果的には友達以外まったく読まれることもなく、失敗に終わったのですが、この経験がすごく大きかったです。
新婚旅行でイタリアに行った時、ネットに欲しい情報が全然なかったんです。これを実際に経験した立場から記事にすれば誰かの役に立つな〜と、なんとなくブログを立ち上げます。この時すでにWebに記事をあげるという行為は経験していたのでハードルはまったくありませんでした。
実際書いてみると読者はいないもののけっこう楽しくて、どれくらいの人が読んでるか分析したいな〜と思い、アナリティクスを導入。広告収入を得ることができると知り、アドセンス広告も導入しました。
おもしろかったのは、Google検索の重要視する記事というのは読者目線であること、だと知ったこと。ひたすら読んでくれる人のことを考えて作っていけば、必ず評価される。それはつまりアドセンス収入も増えることです。だったらこれを副業にすればいいじゃないか、と思い定期的に記事を書いています。
ちなみに僕の記事のネタが尽きることはありません。なぜか理由は分かってないんですが、ストックしてるネタは20以上あるし、毎日書きたいことで脳内があふれています。
楽しくてどうしようもないから続くのではないかと思います。副業をする参考にしてもらえればと思います。